2013年02月24日

ブライト・ライツ / マッチボックス・トゥエンティ 〜 Bright Lights / Matchbox Twenty



Bright Lights - Exile On Mainstream


2002年にリリースされた3枚目のアルバム『モア・ザン・ユー・シンク・ユー・アー(More Than You Think You Are)に収録され、大ヒットした曲。


ちなみにこのアルバムは全米レコード協会認定ダブル・プラチナ・アルバムに認定され、グラミー賞で2部門、アメリカン・ミュージック・アウォードでも2部門にノミネートされる等、評価の高いアルバムです。


ピアノのイントロで静かに始まる曲ですが、その後の盛り上がりでロブ・トーマスのボーカルがソウルフルに冴え渡り、とてもダイナミックで魅力的な曲です。


ロブ・トーマスの偉大さを改めて感じることのできる名曲です。


オススメしますexclamation





試聴できまするんるん



ライブも試聴できまするんるん





アマゾンでも試聴できまするんるん
posted by すーさん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Rob Thomas & Matchbox Twenty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

グローリー・オブ・ラヴ / ピーター・セテラ 〜 Glory of Love / Peter Cetera



Glory of Love (Theme from "the Karate Kid, Pt. II") - Solitude / Solitaire


シカゴの元メンバーで、特徴のある伸びやかなハイトーンの歌声から「ミリオン・ダラー・ボイス(100万ドルの声)」と評される、ピーター・セテラのヒット曲。


1985年にシカゴを脱退してソロ活動を開始し、その翌年の1986年にリリースしたソロ2作目となるソロ・アルバム『ソリチュード』(Solitude / Solitaire)に収録され、全米ナンバー1となった曲です。


映画「ベスト・キッド2(THE KARATE KID PART II)」の主題歌としても有名です。


ゆったりとしたバラードですが、あまりにも「美しすぎる曲」に感じてしまい、私にとってはしばらく苦手な曲でした。


また「シカゴをの頃のピーター・セテラの方が良かった」という先入観から、しばらく聴かず嫌いだった曲でもありました。


最近になって海外のラジオでこの曲が流れるのを聴いて、ようやく素直に良い曲だなと感じ始めました。年取って演歌のような曲が好きになるような部分もあるのかもしれませんが。


オススメしますexclamation




試聴できまするんるん





アマゾンでも試聴できまするんるん



posted by すーさん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | P 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

コライド / ハウィー・デイ 〜 Collide / Howie Day



Collide (Original) - Stop All the World Now


アメリカのメーン州出身のシンガーソングライター、ハウイー・デイの曲です。


2003年に22歳でリリースしたアルバム『ストップ・オール・ザ・ワールド・ナウ』(Stop All The World Now)に収録された曲です。


爽やかでメロディアス・ナンバーで、アコースティック・ギターをバックにハウィーのボーカルが冴え渡った素敵な曲です。


高校時代からツアーを始め、まだ現在23歳という若さでありながら1000を超えるライブをこなしたとされるハウィー・デイの代表曲。


オススメしますexclamation




試聴できまするんるん








posted by すーさん at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | H 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

スローイング・イット・オール・アウェイ / ジェネシス 〜 Throwing It All Away / Genesis



Throwing It All Away - Invisible Touch (2007 Remaster)


1986年にリリースされたジェネシスの大ヒットアルバム「インヴィジブル・タッチ」(Invisible Touch)に収録された曲。


ピーター・ガブリエル脱退して以降ポップ路線を進んできたジェネシスが、その頂点を極めたとも言える作品です。


そのアルバムの中で私が一番気に入っている曲が、この曲「スローイング・イット・オール・アウェイ」です。


フィル・コリンズの名曲「雨にお願い」となんとなく雰囲気が似ていますが、こちらはなんとなく幻想的な雰囲気がする魅力的な曲です。


私は長いことこの曲はフィル・コリンズのソロの曲だとばかり思ってました。この頃のジェネシスは思いっきりフィル・コリンズ色が強いのでそう感じてしまうのでしょう。



オススメしますexclamation




試聴できまするんるん


ライブも試聴できます(Live Over Europe, 2007)るんるん


同じくライブです The Way We Walk,(Live)






アマゾンでも試聴できまするんるん


posted by すーさん at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | G 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。