2009年08月31日

ハンズ・クリーン / アラニス・モリセット 〜 Hands Clean / Alanis Morissette



Hands Clean / Alanis Morissette


アラニス・モリセットの2002年発売のアルバム『アンダー・ラグ・スウェプト』(Under Rug Swept)に収録され、ヒットした曲。


自身の過去の不倫経験を歌った曲で、自身と不倫相手とのやりとりが過去形の彼と現在形のアラニスと対話式になった歌詞になっています。


怒りを表現したようなメロディは、複雑な感情の彼女自身を表現した形なのではないかと思います。


当時の彼女のインタビューでは、



「私にとって音楽を作るということは、弱さや醜さを含め、内面と真剣に向き合うこと。そして、前に進む原動力にすること。さしずめ心理療法みたいなものね」

「世界進出を果たした『ジャグド・リトル・ピル』は、怒りなど激しい感情をたたきつけた結果、攻撃的な作品となった。また、前作は消化しがたいどろどろとした心情を吐き出し、情念を感じさせるアルバムになったと思う。そうした自己との格闘を経て、今は少し客観的に自分をとらえられるようになった。新作の穏やかさは、そんな変化を反映していると思う」

〜20020409読売新聞より引用




とあるように、彼女にとっての曲作りは自分自身を赤裸々に曝け出すことだったけれど、少しづつ自分をコントロールする術を身に付けたという事が感じ取れます。


「アイロニック」の激しさも好きですが、この曲にある「怒り」と「迷い」のような激しさも大好きです。


オススメしますexclamation




試聴できまするんるん



ライブも試聴できまするんるん。Live At Montreux 2012 (Live)






今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ




アマゾンでも試聴できまするんるん
アンダー・ラグ・スウェプト

アンダー・ラグ・スウェプト

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2003/11/06
  • メディア: CD





posted by すーさん at 18:47| Comment(1) | TrackBack(0) | Alanis Morissette | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Alanisのこのアルバムの『Surrendering』でSurrendering状態なのは(不倫した)男なのかAlanisなのかを十年以上前に考え続けたことがあります。当時はAlanisのSurrendering状態を考えておりましたが、今現在では、どっちもどっちという感想です。また、このアルバムの1曲目の『21things・・・』は全て○だったらいいのか、×や△はどれなのかと考えながら楽しんだ、懐かしいアルバムです。
Posted by MAEDA at 2019年12月03日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック