2009年09月26日

スケアクロウ / ジョン・メレンキャンプ 〜 Rain On the Scarecrow / John Mellencamp



Rain On the Scarecrow / John Mellencamp


「雨の中のかかし、鋤の上の血」という表現で、農家の窮状を歌ったジョン・メレンキャンプの名曲「スケアクロウ」です。


ジョン・メレンキャンプ、ーススプリングスティーンと共に80年代を代表するアメリカンロックの雄だと思いますが、ブルースが聞く者をねじ伏せる迫力があった一方で、ジョンメレンキャンプには派手さこそ無いですが彼の歌には確かな「ハート」があります。


この曲の中で出てくる一節に、「おばあちゃんが玄関ポーチで聖書を持ち『私を約束の地』へ連れてっておくれ」という部分がありますが、当時中学生だった私は強く心を打たれました。


人間生活のとても泥臭い部分を歌った曲ですが、この曲のハートに突き刺してくるような力強いサウンドからは、強い反逆の精神を感じることができます。


ジョン・メレンキャンプの曲は家族愛とか、人間の本当の幸せについてを歌った曲が多いと思いますが、現在の厳しい経済環境の中で改めて聞き直したいアーティストです。



オススメしますexclamation




試聴できまするんるん






今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ






アマゾンでも試聴できまするんるん

posted by すーさん at 23:05| Comment(5) | TrackBack(1) | John Mellencamp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、KAZと申します。
TBありがとうございました。
ブログを拝見させていただきましたが、1日1曲スタイルで私の心をくすぐる曲が揃っていて、好感が持てます。
中でも、John MellencampやWallflowersのよさをわかってる人ってあんまりいないので貴重です。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by KAZ at 2009年09月28日 22:42
KAZさま。コメントありがとうございます。音楽の好みが近いようで、とても嬉しいです。ぜひいろいろと情報交換しましょう。
またそちらにも顔出しますね。
Posted by すーさん at 2009年09月29日 10:25
仕事、子育てが一段落し、最近昔大好きだったジョン クーガー メレンキャンプの歌を改めて聴きだしてその魅力を再確認している中年の主婦です。当時16歳で、UH-HUHからジョンの大ファンになり、コンサートで手を握って恍惚とした思い出があります。周りにファンの人もおらず、インターネットでジョンについて書かれているブログを探すのが楽しみで、今回すーさんさんのこちらにコメントさせていただいた次第です。
Posted by ジョンさん at 2009年10月30日 17:17
ジョンさんさまコメントありがとうございます。
ジョン・クーガー・メレンキャンプが好きというコメントを読むだけでとても嬉しい気持ちになります。本当に良いアーティストですよね。まだまだ記事にしたい曲がありますので、ぜひぜひまた来てください。
Posted by すーさん at 2009年10月30日 22:24
ケイト バック ケイトスペード 母子手帳ケース http://www.meilqcr.com/
Posted by ケイトスペード 母子手帳ケース at 2013年08月12日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128930396

この記事へのトラックバック

"Scarecrow" John Cougar Mellencamp (1985)
Excerpt: 今回は気合い入ってます。 私がロックンロールの師と仰ぐジョン・クーガー・メレンキャンプを強力にプッシュします。
Weblog: ぴかイチ洋楽入門
Tracked: 2009-09-28 22:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。