2012年08月24日

ホーム / グー・グー・ドールズ 〜 Home / Goo Goo Dolls

Something for the Rest of Us.jpg

Home - Something for the Rest of Us (Deluxe Version)


ジョン・レズニックとロビー・テイキャックの二人が音楽活動を始めて24年目となる2010年、グー・グー・ドールズとして9枚目となるアルバム『サムシング・フォー・ザ・レスト・オブ・アス』"Something for the Rest of Us"をリリースし、その中に収録された曲です。


『ボーイ・ネームド・グー〜グーという名の少年〜』の頃の荒削りな雰囲気はなくなってしまいましたが、アコースティック色が強くなった大人なアメリカンロックといった雰囲気の曲です。


出てきた頃のグーグー・ドールズを愛する私としては少々寂しい感じもしますが、24年も活動を続ければこれも必然なのでしょう。


アメリカンロックの良心とも言われるグーグー・ドールズですが、これからも期待したいです。


オススメしますexclamation



試聴できまするんるん



アコースティック版でするんるん



ライブでするんるん


ミュージックビデオでするんるん




↓アマゾンでも試聴できまするんるん
サムシング・フォー・ザ・レスト・オブ・アス / グー・グー・ドールズ (CD - 2010)







オススメの洋楽一日一曲
posted by すーさん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Goo Goo Dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

レット・ラヴ・イン / グー・グー・ドールズ 〜 Let Love In / Goo Goo Dolls



Let Love In - Let Love In


5月は風邪をひいたり仕事がバタバタしたりでなかなかブログの更新できませんでしたが、引き続き頑張って更新していこうと思います。


今日の曲は、私が最も愛するバンドの一つグー・グー・ドールズが2006年にリリースしたアルバム『
レット・ラヴ・イン』(Let Love In)のタイトルソングです。


荒削りなオルタナティブロックというイメージが強いバンドですが、この曲は少々感傷的な雰囲気のする曲です。


アルバム『ボーイ・ネームド・グー〜グーという名の少年〜』でグー・グー・ドールズの大ファンになった私としては、少々落ち着いてメロディアスになった感のあるこのアルバムには少しがっかりもしました。


あるインタビューでJohnが、こう言っていたらしいです。 「"Iris"を出した頃と比べると、オレら、今はそんなにビッグじゃないんだ。レコードの売上げもそこまで行っていない」 と。


ですが、仮にビッグでないグー・グー・ドールズだったとして、私達ファンは決して裏切ることはあり得ません。


今後もこの偉大なバンドの活躍には期待していきたいです。



オススメしますexclamation




試聴できまするんるん



iTunesオリジナルでするんるん



ビデオクリップです目








↓アマゾンでも試聴できまするんるん
レット・ラヴ・イン / グー・グー・ドールズ (CD - 2006)
posted by すーさん at 12:03| Comment(1) | TrackBack(0) | Goo Goo Dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ロング・ウェイ・ダウン / グー・グー・ドールズ 〜 Long Way Down / Goo Goo Dolls



Long Way Down / Goo Goo Dolls


私の最も愛するバンドの一つである、グーグー・ドールズが1995年にリリースした出世作『ボーイ・ネームド・グー 〜グーという名の少年 〜』(A Boy Named Goo)のアルバムのオープニングを飾る曲です。


飾り気がなくパンチが効いたロックンロールで、ストレートすぎて少々ダサくも感じてしまうところもまた大好きな曲です。


そういえば、90年代に流行ったアメリカのテレビドラマ「ビンバリーヒルズ青春白書」の中で、グー・グー・ドールズが船上でライブをするシーンがあり、その時のオープニングもこの曲でした。


そのドラマのライブシーン以降、15年に渡りこのバンドの虜になってしまいました。


まだまだ活躍を期待しています。



オススメしますexclamation





試聴できまするんるん








今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ






↓アマゾンでも試聴できまするんるん
ボーイ・ネームド・グー 〜グーという名の少年 〜

ボーイ・ネームド・グー 〜グーという名の少年 〜

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1998/09/25
  • メディア: CD




posted by すーさん at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | Goo Goo Dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ベター・デイズ / グー・グー・ドールズ 〜 Better Days / Goo Goo Dolls

Goo Goo Dolls - Let love in [2006].jpg


Better Days / Goo Goo Dolls


バンクーバーオリンピックの閉会式には、カナダを代表するバンドやアーティストが登場しましたが、アマリカで行われたソルトレークシティオリンピックの閉会式に登場したのがグーグー・ドールズです。


かつてアメリカで最も有名な無名バンドと言われたグーグー・ドールズは、アメリカを代表するロックバンドとなりました。


この曲は2006に発売されたアルバム『レット・ラヴ・イン』(Let Love In)に収録されスマッシュヒットとなった曲で、それまでの『ガターフラワー』や『ディジー・アップ・ザ・ガール』、『グーという名の少年』などのアルバムとは異なる曲調の曲です。


従来のオルタナティブロックでありながら、美しいメロディラインのメロウなバラードで、それまでのグーグー・ドールズとは違う新しい方向性を感じたことは少々残念な感も正直なところありますが、たしかに良い曲だと思います。



オススメしますexclamation




試聴できまするんるん


iTunesのオリジナルでするんるん


アコースティックバージョンです。Better Days (Acoustic Version) - ロッキン・クリスマス・ギフト VOL.2


ビデオクリップです目








今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ





↓アマゾンでも試聴できまするんるん
レット・ラヴ・イン

レット・ラヴ・イン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/04/26
  • メディア: CD




posted by すーさん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Goo Goo Dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ビッグ・マシン / グー・グー・ドールズ 〜 Big Machine / Goo Goo Dolls

c51irc5.jpg

Big Machine / Goo Goo Dolls


私が最も愛するバンドの一つである、グー・グー・ドールズの曲です。


ヒットした曲かどうかは知りませんが、地元バッファローでのライヴではこの曲がオープニングを飾り、これぞグー・グー・ドールズと言いたくなるアメリカン・ロックです。


2002年発売のアルバム『ガターフラワー』(Gutterflower)の1曲目に収録されています。


グー・グー・ドールズ独特の胸にぐっと刺ささってくるロックで、最近ロックから離れてしまった30代や40代のオジサン層(私もです)に特にオススメしたいです。



オススメしますexclamation




試聴できまするんるん


地元バッファローでのライブでするんるん。Live In Buffalo - July 4th, 2004 (Audio Version)








今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ






ガターフラワー

ガターフラワー

  • アーティスト: ロビー・テイケック,ジョン・レズニック
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2002/04/10
  • メディア: CD




posted by すーさん at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Goo Goo Dolls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。