2015年07月23日

Aチーム〜飛べない天使たち〜 / エド・シーラン 〜 The A Team / Ed Sheeran



The A Team / Ed Sheeran


軽快な曲調がなかなか心地よいさわやかな曲です。


エド・シーランが2014年にリリースしたアルバム「x(マルティプライ)」に収録されヒットした曲です。


イングランドのウェストヨークシャー・ハリファクスという場所で生まれ、16歳の時に音楽を勉強するために故郷からロンドンへ引っ越したエド・シーランですが、その後は家賃を払うこともできずホームレス生活を送っていたとのことです。


2014年にはワールドツアーを果たし、イギリスのエリザベス女王の前でパフォーマンスをしたこともあるとのこと。2010年まではバッキンガム宮殿の隣で寝泊まりしていたことを考えると、まるで夢のような出来事だったに違いないのでしょう。


そんな過酷な生活を送ったにも関わらず、これだけ心が豊かになれる曲を生み出せる感性には本当に尊敬します。



オススメしますexclamation





試聴できまするんるん




アマゾンでも試聴できまするんるん

posted by すーさん at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | E 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

聖なる愛の歌 / アース・ウィンド&ファイアー 〜 I’ll Write A Song For You / Earth Wind & Fire



I’ll Write A Song For You / Earth Wind & Fire


アース・ウィンド&ファイアーは大好きなのですが、何故かこのブログでは初登場となってしまいました。


アース・ウィンド&ファイアー9枚目となる1977年の名盤「All ’N All(太陽神)」に収録された曲。


ちなみにこのアルバムのジャケットは、日本の長岡秀星という人が描いたそうです。


邦題は(?)ですが、原題"I’ll Write A Song For You"にあるとおり、タイトルそのままの美しいラブソングです。


ゆったりとした透明感のあるバラードで、フィリップ・ベイリーのボーカルがとても美しいバラードです。





オススメしますexclamation





試聴できまするんるん





アマゾンでも試聴できまするんるん


posted by すーさん at 05:45| Comment(1) | TrackBack(0) | E 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

ウィンドウ・シート / エリカ・バドゥ 〜 Window Seat / Erykah Badu



Window Seat - Window Seat - Single


ダルビッシュ投手のテキサスレンジャーズ移籍にちなんで、アメリカのテキサス州ダラス出身のミュージシャン、エリカ・バドゥの曲にしました。


超個性派シンガーとして知られるエリカ・バドゥが2010年にリリースした5作目のアルバム『ニュー・アメリカ パート・ツー(リターン・オブ・ザ・アンク)』"New Amerykah Part Two (Return of the Ankh)"に収録されている曲です。


落ち着いた雰囲気の素敵な曲ですが、ビデオクリップ撮影の際にはエリカ・バドゥ本人が公衆の面前で裸になり警察沙汰になったとか。





とにかくオススメしますexclamation





試聴できまするんるん





アマゾンでも試聴できまするんるん
ニュー・アメリカ パート・ツー(リターン・オブ・ザ・アンク) / エリカ・バドゥ, カーステン・アグネスタ (CD - 2010)



posted by すーさん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | E 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

サムタイムズ・アイ・クライ / エリック・ベネイ 〜 Sometimes I Cry / Eric Benet

Eric Benet.jpg

Sometimes I Cry / Eric Benet


2010年12月にリリースされたばかりの、エリック・ベネイの新作『ロスト・イン・タイム』(Lost In Time)に収録されている曲です。


エリック・ベネイは、アメリカウィスコンシン州ミルウォーキー出身のR&B・ゴスペルの歌手。1996年に"True to Myself"でソロ・デビューし、高い評価を得ました。


2008年には"You're the Only One"が、R&B/ヒップホップソングチャートで4週続けて全米トップ1になり、2009年には、グラミー賞R&B最優秀男性歌手賞、アルバム賞の二部門にノミネートされました。


今日のオススメ曲「サムタイムズ・アイ・クライ」は、とても甘いR&Bのバラードで、エリック・ベネイの高い声がなかなか聴き応えがあります。




オススメしますexclamation






試聴できまするんるん






今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ




↓アマゾンでも試聴できまするんるん
ロスト・イン・タイム / エリック・ベネイ, レデシー, フェイス・エヴァンス, エディ・レヴァート, クリセット・ミシェル, インディア・ベネイ (CD - 2010)

posted by すーさん at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | E 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

テイク・ミー・ホーム・トゥナイト / エディ・マネー 〜 Take Me Home Tonight / Eddie Money

31680;encoding=jpg;size=300.jpg

Take Me Home Tonight / Eddie Money


エディ・マネーは、78年にデビューしたニューヨーク警察出身という異色のロック・シンガーで、70年代後半から「ベイビー・ホールド・オン」や「シンク・アイム・イン・ラヴ」といったヒット曲を放ちました。


今日の曲「テイク・ミー・ホーム・トゥナイト」は1986年にリリースされたアルバム『Can't Hold Back』の一曲目に収録された曲で、ロニー・スペクターとの共演で話題になったこともあって当時大ヒットしました。


ストレートに突っ走った感じのロックンロールで、私にとっては、80年代ロックを代表する一曲といってもよいくらい好きな曲です。


ストレートなロックサウンドとは別に、エディ・マネーの少々控えめに聴こえるボーカルも魅力だと思います。


オススメしますexclamation




試聴できまするんるん








今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ






Can't Hold Back

Can't Hold Back

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Columbia
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD




posted by すーさん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | E 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。