2015年04月21日

エンジェル / チャカ・カーン 〜 Angel / Chaka khan



Angel / Chaka khan


たまたま流れてきた素敵なソウルミュージックが気になって検索してみたところ、なんとチャカ・カーンの曲でした。


チャカ・カーンってまだ現役で活躍してたんですね。大好きなアーティストなのでとても嬉しいです。


といっても2007年リリースのアルバム「ファンク・ディス」"Funk This"に収録された曲らしいので今からもう8年前になります。ただ80年代のR&Bシーンを強烈に飾ったアーティストの復活としてとても嬉しいです。


今日の曲「エンジェル」は、声量のあるハスキーな声で鳥のように自由自在に歌いあげたとても素敵な曲です。


私はしばらくこの曲をヘヴィーローテーションで聴いてしまいそうです。




オススメしますexclamation





試聴できまするんるん





アマゾンでも試聴できまするんるん


posted by すーさん at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | C 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

スロー・ダウン / コリン・メイ 〜 Slow Down / Corrinne May



Slow Down / Corrinne May


シンガポール出身で現在ロサンゼルスで活動するシンガーソングライター、コリン・メイの曲です。


2007年にリリースされたアルバム「ビューティフル・シード」"Beautiful Seed"に収録されたとても美しい曲です。といってもこのアルバムの曲はほぼすべて美しい曲ですが。


そのアルバムの中でも最も好きな曲の一つが今日の曲「スロー・ダウン」です。


自分も含めて多くの人々が、毎日あまりにも多くのストレスを抱えて生活していると思いますが、そんなカリカリして何か大事なものを忘れた私たちに向けて彼女からのメッセージです。


この曲を聴いていると、改めて今の自分に本当は何が必要なのかを教えてくれているような気がします。アルバムタイトルである「美しき種子」は自分の内に存在ししていることを改めて感じようという気持ちにさせてくれる一曲です。




オススメしますexclamation





試聴できまするんるん





アマゾンでも試聴できまするんるん






posted by すーさん at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | C 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

ユー・アー / チャーリー・ウィルソン 〜 You Are / Charlie Wilson



You Are - Just Charlie


もっと頻繁に記事を更新したいのですが、仕事や家事や子守で毎日忙しくなかなか更新できません。GWに入ってようやく少しゆっくりできるので、記事を更新します。


記事を更新していないといっても、音楽を聴かないという訳ではありません。私にとって良い曲と出会うことはライフワークと言っても過言でないくらいです。


今日のオススメはチャーリー・ウィルソン。2012年のグラミーでは Best R&B Performance にノミネートされた曲「ユー・アー」です。


暖かメロウなR&Bのバラードです。


甘く強い声で、かつメロディコントロールに優れたボーカルは聴き応えがあります。とてもポテンシャルの高いシンガーという印象を受けました。



オススメしますexclamation




試聴できまするんるん





posted by すーさん at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | C 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

ア・ロング・ディセンバー / カウンティング・クロウズ 〜 A Long December / Counting Crows

counting.jpg

A Long December / Counting Crows


厚みのある美しいピアノから始まる、カウンティング・クロウズのロックバラードです。


カウンティング・クロウズは、1991年にアメリカのサンフランシスコでアダム・デュリッツ (Adam Duritz)を中心に結成されたロックバンドです。


私が大学時代にアメリカを貧乏旅行していた頃、サンフランシスコやその近辺のバーなんかではカウンティング・クロウズの曲が流れまくっていたことから、とても人気のあるバンドなんだと感じました。(私がこのバンドを本当に知ったのはもっと後ですが)


この曲は1996年にリリースされたセカンドアルバム『リカヴァリング・ザ・サテライツ』(Recovering The Satellites)に収録された曲です。


哀愁が漂うけだるい雰囲気は、まさにカウンティグ・クロウズと言いたくなります。





オススメしますexclamation






ライブも試聴できまするんるん



ライブも試聴できまするんるん



私の日記はコチラ


今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ


リカヴァリング・ザ・サテライツ / アダム・F.ダリツ (その他) (CD - 1996)









posted by すーさん at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | C 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ワーズ / ザ・クリスチャンズ 〜 Words / The Christians

Colour.jpg

Words / The Christians


ここ数日、私と長男(間もなく1歳)が風邪をひいてしまい、ブログの更新どころではない生活になってしまいました。私の風邪は治ってきてますが、長男はまだ熱があるので、もうしばらく大変な生活が続くかもしれません。今年の風邪はやっかいかも。


風邪でうなされているような曲という訳ではありませんが、今日の曲は別世界に迷い込んでしまったかのような不思議な曲です。


ザ・クリスチャンズは1987年にデビューした、イギリスのリバプール出身のクリスチャン兄弟を中心とした3人組です。


この曲は1990年にリリースされたアルバム『Colour』に収録された曲で、ラジオから流れてくるこの曲の語りかけてくるようなボーカルと不思議なサウンドに、当時大学受験勉強していた私はしばらく聴き入ってしまい勉強になりませんでした。


7分に及ぶ長い曲ですが、長さを感じさせない魅力があります。


このザ・クリスチャンズというバンドは、当時とても評価が高かったにも関わらずこのアルバム以降は全く音沙汰がなくなってしまったのが残念です。





オススメしますexclamation



試聴できまするんるん








今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ






posted by すーさん at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | C 〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。