2013年03月05日

ニューヨーク・ミニット / ドン・ヘンリー 〜 New York Minute / Don Henley



New York Minute (Live) - Hell Freezes Over


1989年に発売された元イーグルスのメンバー、ドン・ヘンリーによるソロアルバム『End of the Innocence』に収録された曲で、アルバムの中でこの曲だけ際立って暗い曲。


ハリーは朝起きると 
黒装束に身を包んで駅に向かい
二度と帰ってこなかった


という曲の出だしは、この曲がリリースされた頃以来、何故かいつまでも私の頭の中に残ってます。


「ニューヨークの時の中ではすべてが狂う」というタイトルで、自分たちにとって大事なものは何かを改めて考えなきゃというメッセージなのだと解釈しています。


いつもの甘いボーカルとは対照的な重い内容の曲ですが、ドン・ヘンリーの別の一面を見た曲でもあります。



オススメしますexclamation





試聴できまするんるん



再結成したイーグルスでのライブです(Hell Freezes Over)るんるん




アマゾンでも試聴できまするんるん





posted by すーさん at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Don Henley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

最後の無駄な夜 / ドン・ヘンリー 〜 The Last Worthless Evening / Don Henley

863f2a70.jpg

The Last Worthless Evening / Don Henley


やはりこの声は何度聴いてもカッコいいです。


元イーグルスのメンバー、ドン・ヘンリーのソロでの曲で、1989年発売のソロアルバム『エンド・オブ・ザ・イノセンス』(End of the Innocence)に収録されています。


ちなみにこのアルバムの制作には、ブルース・ホーンズビーシェリル・クロウ等の大物アーティストも参加しているとのことで、イージーリスニングっぽい大人のロックとして、とても共通点の多いアーティスト達だと思います。


ちなみこのアルバムからのヒット曲として、「ハート・オブ・ザ・マター」を以前記事にしましたが、この曲も「ハート・オブ・ザ・マター」もなんとなく雰囲気が似ている曲で、サビの部分を聞かないと曲名を思い出せないこともしばしばです。


とにかく、独特の高音はシビれる程カッコよく、私が思う史上最高の男性ロックヴォーカリストの一人であるドン・ヘンリーの素晴らしいヴォーカルを堪能できる落ち着いた感じの美しいロックです。



オススメしますexclamation





試聴できまするんるん









今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ







エンド・オブ・ザ・イノセンス

エンド・オブ・ザ・イノセンス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: CD




posted by すーさん at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Don Henley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

ボーイズ・オブ・サマー / ドン・ヘンリー 〜 The Boys of Summer / Don Henley



The Boys of Summer / Don Henley


イーグルスの主要メンバーとして、ヴォーカル、ドラム、ソングライターとして活躍したドン・ヘンリーの大ヒット曲「ボーイズ・オブ・サマー」です。


1984年にリリースしたアルバム『ビルディング・ザ・パーフェクト』(Building The Perfect Beast)に収録された曲で、この曲のヒットにより、ドン・ヘンリーはグラミー賞のベスト・ロック・ボーカル(男性)部門を受賞しました。


かすれた少年のような声が特徴で、私が最も好きな男性ヴォーカリストの一人です。


夏の終わりを感じさせるちょっと寂しいこの曲の雰囲気は、センチメンタルな気分を誘い、寂しい内容の歌詞とも相まって、9月のこの時期になると聞きたくなる曲です。


ちなみに、私はこの曲の影響でレイバンのサングラスを買いました。


夕暮れのドライブなんかに最適な曲です。


オススメしますexclamation




試聴できまするんるん






今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ





アマゾンでも試聴できまするんるん

posted by すーさん at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Don Henley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

ハート・オブ・ザ・マター / ドン・ヘンリー 〜 The Heart Of The Matter / Don Henley



The Heart Of The Matter / Don Henley


元イーグルスのメンバー、ドン・ヘンリーによる1989年発売のソロアルバム『End of the Innocence』に収録された曲。


94年のイーグルス再結成の時に、ドン・ヘンリー自身がこの曲を「書くのに42年かかった」と語った曲です。


歌詞は大人の辛い失恋に関する内容で、ドン・ヘンリー自身の感情がかなり込められていると思われます。


ゆっくりした曲調で、名ヴォーカリストであるドン・ヘンリーが淡々と語りかけるように美しく歌い上げてます。


ちなみに、このアルバムの製作には、シェリル・クロウも参加していたようです。


ドン・ヘンリーがシェリル・クロウの才能に気づき、ソロでの活動を薦めたそうです。


ビック・アーティストはいろいろなところで繋がってますね。


オススメしますexclamation




試聴できまするんるん



ライブです。これもなかなか良いでするんるん The Bridge School Collection, Vol. 2 (Live)





今日もクリックお願いしまするんるん
人気ブログランキングへ




アマゾンでも試聴できまするんるん
エンド・オブ・ザ・イノセンス

エンド・オブ・ザ・イノセンス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: CD







オススメの洋楽一日一曲
大草原の小さなファイナンシャルプランナー日記
posted by すーさん at 21:57| Comment(0) | Don Henley | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。